RK ROYAL KLUDGEのキートップでMistel BAROCCO MD770をかわいくした

ただの事務職ですが持ち運びに便利なのと、肩こりしにくいと言う理由で分離型キーボードを使っています。

無骨で玄人っぽくて好きなのですが、毎日使うものだしかわいい方がいいよね(アラフォーのBBAがかわいいとか何言ってんの感満載)ってことで、生まれて初めてキートップを変えてみました。

メカニカルキーボードのキーキャップって器具がないと外せないと聞いていたので、爪を折っちゃったり、取り返しのつかない失敗をするのではないかと思って手を付けないでおりましたが、すごい簡単に取り替えられるので、飽きたらまた変えたい。たのしい。
毎日使うものだから、使う度にテンション上がるものにした方が幸せになれる気がする。

使っているキーボード

MistelのBAROCCO MD770を愛用中。

この型番の前シリーズのMD650Lを見たその時から、その変わった形状とカラーリングによりずっと気になる存在でした。

ひょんなタイミングで購入検討となったのですが、650にはFキーがなく業務に支障が出るのでMD770にしました。

しばらくはノリノリで使っていたのですが、知人から本家本元のサイト紹介され実は海外ではめちゃくちゃかっこいいカラーが売っているというとを知り、悔しくてキートップ変えることを決意。

買ったキートップ

RK ROYAL KLUDGE キーキャップ

RK ROYAL KLUDGEのカーボンキーキャップを購入しました。約2000円。安い(崩れとる)。
爪で打鍵する癖があり、キーボードの文字を削ってしまうのでサイドに文字が印刷されているのは嬉しいところ。
オレンジの色味がもう少し薄い方が好みでしたが、価格も安いし妥協。でも全然かわいい。

本当はHappyBallsを購入する予定だったのですが、配送が1か月先(!!)ということだったのでキャンセルしてこちらに。注文した翌日に到着。アマプラすごい。

キーキャップ取り外し&取付作業

説明も読まずに勢いでガンガン引き抜きました。長いキーにスタビライザーがないのでとてもやりやすい。

意外に簡単に外れて拍子抜け。

取り外したキーキャップたち。
純正のキーキャップはPBT2色成形のキーキャップなので、摩擦等で文字が消えないのも素敵ポイントだったんですよね。

完成

めちゃくちゃかわいい….♡
クリーム色とオレンジのコントラストが素敵。あと、F5,6とF7,8でオレンジ色の箇所がシンメトリーに割れているのも素敵。

右Shift、Ctrl、Fm、Alt、スペースはちょうどよいサイズのキーがなかったので純正のまま。
(Pn(右下2つ目)も該当のキーがなかったのですが、使用頻度が低く何の無刻印のキーかわからなくても何とかなりそうなので無刻印のキートップをつけました)。

写真ではわかりにくいと思うのですが、少しマットでざらっとした感触。
汚れが付きやすそうな気がせんでもないですが、触っているとやさしい気持ちになれそうな気がします。

Delキーが若干沈み込んでいるところが気になるところ。

キーの高さはこんな感じ。Delキーと、Pn(右下の)だけ、若干高さが異なりますがそこまで気にならないのでヨシ。

横から見た図。純正とそう大きくは変わらないかな。

(番外編)余ったキーを活用

主にテンキーをはじめとしたいくつかのキーが余ってしまったので、家にあったFILCOのキートップも変えてみました。

変更前。
打鍵が強いのと、爪でひっかいてしまうので、一部セルフ無刻印モードになっています。

変更後。一部だけだけどかっこいい!全部変えてみたい!
無刻印のオレンジorクリームのキーがあったらEscにつけたかったなあ。。。

テンキーの0はキーキャップにバリが残っているのか何なのか、5回に1回くらいキーが沈み込んで戻らなくなるけど….まあいいか。

5年間くらいキーキャップを外していなかったので、エンターキー外した時に汚すぎて萎えた(お目汚しすみません)。
良い掃除の機会になりました。

スタビライザー付きのキーキャップのつけ方がわからなくて小一時間格闘したのも良い思い出。

 

以前は秋葉原のキーボード専門店がなぜ流行るのかイマイチ理解出来ていませんでしたが、今ならちょっとだけわかる気がします。
今度行ってみよう。

※職場の人が見たら一発でばれる気がするけど、まあいいや。